足光散

足光散は、中国香港で有名な抗菌・水虫治療薬です。お湯に溶かして、暫く足を浸けるタイプの治療薬です。

足光散(そくこうさん)を使用することで、水虫に汚染された皮が剥がれていくので、皮が剥がれ終わった後は足裏がツルツルになり、足裏の美容効果もあります。このことから、足マッサージのお店でもよく使われている定番商品です。

用法としては、まず、40gを1000〜1500mlのぬるま湯と良くかき混ぜてすべて溶かします。そして、綺麗に洗った患部をぬるま湯に20〜30分浸けます。

浸け終わったら綺麗に洗い流し、1日1回使用して、3日で1行程が完了です。

何度か繰り返すことで、古い皮膚が垢のようにとれて、綺麗な肌が現れます。

足光散の成分は、水楊酸、笨甲酸、硼酸、苦参となっています。

ダイエット人気ランキング